妊娠の回避以外の効果

避妊薬を妊娠の回避以外の目的で、服用している方も多い様です。
簡単に言うと、避妊薬はホルモンをコントロールする事で、排卵を抑えたり、精子の着床を回避したります。
これらの作用で、月経痛を抑えたり、精神的な憂鬱感がでる月経前症候群(PMS)を軽減する事が出来ます。
具体的には、避妊薬を服用する事で、妊娠時と似た状態になり、子宮内膜が通常時より薄くなると言われています。
よって、生理になると結果的に剥がれ落ちる内膜量が減るため、月経自体が軽くなるそうです。
さらに月経周期が整うので、ある程度自身で開始日のコントロールもできるので、休みの計画が立てやすくなります。
また、排卵を抑制することで卵巣の負担が減り、卵巣のう腫のリスクを避け、妊娠はもちろん子宮外妊娠をする危険性が抑えられます。
同時に長期の服用により、乳房疾患や子宮体がんのリスクが低下するという研究結果も確認されています。
その他、ホルモンバランスの崩れで起きるニキビなどの肌トラブルや、多毛症などが改善されるという効果も期待されています。

あくまで避妊薬に関しての状況ですので、アフターピルでは異なりますのでご注意下さい。